紳士淑女の皆様、こんばんは。谷木です。

突然ですが、あなたの自宅、徒歩2分圏内に、ファミレスはございますか?

ない?

それでは、質問を替えましょう。

会社帰り、最寄り駅から歩いて帰る道すがら、同様にファミレスはありますか?
それも深夜11時以降まで開いているお店が。

ない?…それは残念。今すぐ引っ越しされた方が貴方のためです。。


なんちゃって。半ば冗談、半ば本気です。今日のテーマは「ファミレスに毎日通うと人生が変わるかもしれない話」。

ファミレスに毎日通うと成長角度が何倍にもなる??

実は、僕が引っ越した家なのですが、通り挟んで反対側に深夜0時まで営業しているファミレスがあるんです。家からの所要時間は2分くらいでしょうか。実はこのファミレスに、お店が閉まるまで毎日のように通っています。なぜ僕はファミレスに通い続けるのか。

何故か知らないが、集中できる

家に帰るとテレビをつけて冷蔵庫を開けネットサーフィンに興じてしまう僕ですが、何故かファミレスに来るとやるべき作業に集中してしまいます。Webで検索するとその理由が列挙されており、

・二酸化炭素濃度が低い
・誰かが見ている気がする

・コーヒーや紅茶でカフェインが取れる
・お腹が空いたら食べられる
・お手洗いが完備されていて綺麗
・机が広くて作業がしやすい
・誰からも邪魔をされない

ざっとこんなところでしょう。中でも有力なのは「CO2濃度が低いから」ですが、でも理由なんてどうでもいいんです。読書をするのにも、ブログを書くのにも、チャットをするのにも、とにかく自宅にいるよりレスポンスが圧倒的に早い。家に帰れば30分もやらない作業を、カフェなら3時間ぶっ通しで作業できるとすれば、6倍の生産性があるとも言えるでしょう。終わらせないといけない仕事は、ファミレスでサクッと仕上げた方が良いのです。

ドリンクバーしか頼まない、が僕の流儀

仕事の終了時間が不定期な僕の仕事の場合、夜8時〜10時にファミレスINすることが多く、作業時間はMAX4時間。少ないと2時間切ります。1日の集中できるコアタイムの過ぎた夜時間帯に食事でもしようものなら、たちまち生産性が下がります。だから僕はドリンクバーしか頼みません。自宅が近いので、家で食べれば食事代も節約できるし。

ちなみにドリンクバー単体の価格はファミレスによってまちまちです。一応調べましたが信用しないでね(笑)

サイゼリア:税込280円
ガスト:税込355円
ココス:税込345円
ジョンサン:税込431円
バーミヤン:税込333円
デニーズ:税込430円

主要ファミレスの中で最安なのはサイゼリア、逆に一番高いのはジョナサンとデニーズでした。深夜料金はだいたいのファミレスで22時以降発生しますが、22時以降に注文した商品に対して発生するので、22時前に注文していればセーフです。とはいえ深夜料金は1割増程度なので、1時間でも作業できるなら積極的に利用した方が良いと思います。

1000時間ルールを知っているか?

「1万時間ルール」を知っている方は多いですよね。超一流になるためには約1万時間かかりますよ、っていう本当か嘘かよくわからない話。「1万時間ルール」でググってみればわかりますが、「いやいや、量より質だからww」みたいな結論で終わる記事が沢山出てきます。

量より質。言われてみれば当たり前ですが、とはいえ大半の人にとって、断続的に何か物事に取り組むこと自体、難しいことなんです。社会人が会社以外の趣味でも勉強でも、まとまった時間を1つの物事にあてることってなかなか出来ないんですよ?

よく言われるのが勉強時間の目安。行政書士/社労士/中小企業診断士等の国家資格習得にかかる勉強時間がそれぞれ1000時間と言われています。どの試験も合格率は10%以下。社会人受験者が多数を占めるこれらの資格において、90%以上の受験者はまずもって1000時間もの時間を確保することが出来なかった、とも言えるわけです。

毎日ファミレスに足を運ぶことで、1日3時間を確実に捻出できるとしたら。1年間で1000時間を作り出すことは思っているよりも簡単かもしれません。Gigazineの記事によると、1000時間ルールを唱えているのはロチェスター大学のPhilip Guo准教授。「あまり極端に多くのモチベーションは必要とせず、それでいて一定の成果を出すための指標」が1000時間ルールなのだそう。1000時間費やせば、他の人より優れた何かを得られる可能性がかなり高い。資格試験の勉強時間からも推察できる通り、納得できる指標ですね。

もちろんファミレスじゃなくてもいい

別にカフェでもいいんですよ(笑)僕にとっての勉強場所はファミレスですが、別にカフェでもモスでもマックでも、有料自習室でも構いません。自分が毎日気軽に寄って作業が出来る場所ならどこでも良いんです。

自分の居つく場所を、自宅と会社の他に1箇所持つこと。それも出来るだけ自宅の近くに1箇所持つこと。通称サードプレイスと呼ばれるその場所は、きっと貴方の人生を豊かにしてくれるはずです。ではまた!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事