こんばんは。谷木です。

2017年8月から2018年1月まで約半年乗ってきたCB400SB(スーパーボルドール)を売却し、そのお金でスーパーカブ110ccの新車(2018年モデル)を購入しちゃいました。全然違う2台ですが、僕が乗り換えた理由と、乗り換えてわかったメリットとデメリットについてメモっておきたいと思います。CB400SBのレビュー記事もあるのでお時間ある時に是非!

引っ越しと同時に、CB400SBを降りました

ついこの間(2018年2月)まで、東京と千葉の県境に住んでいました。環状七号線の走る街で、道幅は広く、家から駅までの距離も徒歩30分程度。バス等の公共交通機関には恵まれていましたが、バスに乗らないと駅に行けない場所だったので多少不便を感じていたのです。

また、僕の会社までは電車+バスでなんと100分もかかる立地。終電を逃すと近くを走る路線もなく帰宅の代替手段はタクシー以外見当たらない。そんなわけで、バイク通勤をメインにしていました。自宅から会社まで首都高を使うと60分、一般道でも80分あれば着いてしまうので、電車を使うメリットが見つからなかったのです。

引越し先の国立は、会社まで電車+徒歩で50分程度バイクだと、平均60分かかります。渋滞がなくても50分。渋滞に巻き込まれると会社まで80分程度は見ておく必要があります。であれば、バイクに乗る必然性はもはやありません。嫁はバイク免許を持っていないので、私一人で高速で出かけることもないし…ということで、CB400SBは売却することにしました。東京は警察官もたくさんいるし!笑

実用性を重視する人は、公共交通機関>バイクだと乗らなくなる

当たり前の話ですが実用性を重視する人は、バイクより電車やバスを使ったほうが目的地に早く着く&電車通勤にストレスを感じない場合、公共交通機関を選択するはずです。

逆に、バイクを趣味として割り切っている人は、そもそも休日しか乗りませんので、僕と同じような状況下になってもバイクに乗り続けるでしょう。CB400SBは極めて優秀なバイクだし、乗っていて楽しいと僕は思いますが、バイクツーリングに行く趣味のない自分にとって、会社の行き帰りに使わないバイクを維持し続けるのは難しいと思いました。

2年に一度の車検、16km/Lの給油、オイル交換、毎月の高額な保険代…維持費も冷静に考えると2〜3万円/月かかります。その2〜3万円で何か他のことが出来るのであれば、売るのも悪くない選択肢かな、と思いました。

バイク、無いと無いで、やっぱり不便?

公共交通機関主体にして、バイクを降りよう、と決断するところまでは良かったのですが、私の住む街(国立市在住)には一つ問題がありました。それは「家の近くに日用品を購入するスーパーの選択肢が少ない」ことです。

カフェやブティックのような個店(チェーン展開していないようなお店)が多かったり、高級志向のお店が多いところは街の魅力の一つですが、逆に言うと大型店舗がかなり少ないです。街自体が大きな街道に接していないため、基本的には電車の駅を中心とした街づくり。国立駅前に西友がありますが、最寄り駅が国立駅ではない私達からすると、バスで往復400円払ってまで行くなら近所でいいや…となるわけです。自転車で行けばいいだけの話なのですが、西友に行くためだけに自転車を買うのもな…と躊躇、、

対して国立の隣にある府中市は、クルマ大国と言っても過言ではないでしょう。国立市と接している西部だけでも、業務スーパー、サミット、OK(オーケー)等の大型スーパーがありますが、どこも駐車場が充実しています。自転車と異なりバイクだと隣町のスーパーも選択肢に入るので、毎月のバイク維持費を上回るコスパをゲットできるバイクなら、購入してもいいかも、と思うように。

で、原付(スーパーカブ110)を買ってしまった。

スーパーの買い物だけで毎月かかる保険代の差額を回収できるとは思いませんが、やっぱりバイクが手許にあったほうが何かと便利だゾ、と思うに至りました。CB400SBを売ったお金で、足として気軽に動き回れる1台、「あの」スーパーカブを購入。

スーパーカブ110。

125cc以下という排気量区分で110ccという絶妙な排気量。トルクは十分あるのに、4速(一番上のギア)でアクセルを強めに捻っても70km/h程度しか出ない車体。125cc以下なのでもちろん高速道路には乗れません。スピードも出ないし高速にも乗れない。見方によっては「安全」なバイクとも言えるでしょう。意図してアクセルかけないと60km/hくらいがMAX、逆にぼーっとしていると50km/h以下で走ってしまう。それでも走っていて気持ちのいいバイクです。

それにこのバイク、周知の事実ですが積載能力が高いんです。スーパーで買い物するくらいなら丁度いい箱を後ろに積んでます。

ひとつ難点があるとすると、ガソリンタンクにたった4リットルしか入らないこと。50km/Lは走るので日常生活の足としては全く問題ないのですが、ちょっと遠出しようとすると心もとない。ということで、僕はサイドバックをつけてガソリン携行缶1Lサイズを2缶入れています。ちなみに、ガソリン携行缶へのガソリン給油は、セルフGSでは出来ないらしい(違法?)ので、有人GSをを見つける必要があります。大容量缶1つだと1度に使い切ってしまいイザという時に携行缶が空になっている可能性が高まる気がするので、とりあえず1L×2缶にしています。

 

ちなみに僕の売ったバイクは60万円という俺が買った価格と同じ値段で値段で再販されていました(;・∀・)

本当は自転車もほしい

物欲の塊のように思われるかもしれませんが、本音を言えば自転車も欲しいです。

国立市内に限って言えば、クルマやバイクでの移動はあまり適していません。道も細いし、一方通行も結構多い。スピードも抑え、一時停止を守り、標識をよく見て…安全のためにもちろん法律遵守は大事ですが、近場に行くにはいちいちバイクに乗るのがしんどくなります。それに店の前にバイクを止める場所もありません。自転車でもうるさく言われる時代なのに、バイクなんてすぐに駐禁とられます…

今欲しいと思っているのはPanasonicのXM1 です。電動アシスト付MTBとは言え、カブと同じ値段ってどういうことよ…笑

スーパーカブを降りて、CBR250Rに乗り換えました!

スーパーカブに1年程乗った2019年2月。CBR250Rに一目惚れして、乗り換えてしまいました。その経緯等はいつかブログでお話したいと思います!

ではまた!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事