こんばんは、谷木です。

都心(新宿駅)に遊びに行った帰り道。終電に乗ろうと思ったら、人身事故が発生。電車が来ない!?…そんな経験をしたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。

家が比較的近い所にあればなんとかなりますが、僕の家は都心から遠いとおい町、奥多摩。本来であれば家に帰れるはずですが、運転見合わせになってしまったら、どうなるのでしょうか?接続電車は待ってくれるのか、果たして家に帰れるのか、今回は体験談を記事にしてみました。

ことの顛末

22時40分発 高尾行きに乗るはずだった

土曜日。新宿まで遊びに出かけていた僕は、家がある奥多摩町に帰るべく、終電車で帰ることにしました。

新宿から奥多摩までは、普通電車で約2時間。遅くまで走っている中央線と言えども、新宿駅からの終電は平日・休日ともに22時代後半と、かなり早いです。土日祝は、22時40分発高尾行きに乗り、立川にて奥多摩行きに接続。翌日0時33分に奥多摩駅着となります。

⚠乗る直前で運転見合わせが発生

22時37分。あと3分で来るはずだった高尾行きですが、市ヶ谷で発生したトラブルの影響で待てど暮らせど新宿駅に到着せず。運転見合わせの情報から数分後、ホームアナウンスで「振替輸送を行っておりまーす!」と駅員さんの声がしました。

終電が来ない…振替輸送を使うべきか?

時刻はすでに23時をまわり、終電が来るはずの時刻から30分以上が経過。再開見込はなんと23時50分とのこと。ここである疑問が浮かんできました。

「あれ??これ、奥多摩に帰れないんじゃない??」

今回の電車は、【JR中央線】新宿→立川と、【JR青梅線】立川→奥多摩の2本を乗り継ぐコース。両方ともJR東日本管内なので、多少の遅れであれば乗り継ぎで待ってくれるはずです。ところが運転再開まで1時間もかかるということは終電接続してくれないんじゃ…、そんな疑問が浮かんできました。

ま、とりあえず駅員さんに聞いてみよう。

奥多摩に帰りたいです。僕は帰れるんでしょうか。

アホまるだしな質問ですが、とりあえず駅員さんに聞いてみることに。

「あのー、奥多摩まで切符を購入したのですが、人身事故で止まってて…」

駅員さん
払い戻しですね!少々お待ち…
「違うんです!あのー、奥多摩まで行けるんでしょうか?」

駅員さん
いや、ちょっと…わからないですねぇ…
「奥多摩まで行けないとなると、どうなるんですか?途中までしか行けないとか?」

駅員さん
詳しいことはわからないですが、行けるところまで行けば、どうにかなります。
「どうにかなる?どうにかなるってどうなるんですか!?」

 

どうにかしますから!大丈夫です!

どうにかなるらしいので、行けるところまで行ってみる

駅員さんも対応に追われ、忙しそうなのでそれ以上は聞かないことにしました。が、どうにかなるらしい、ということは分かったので、振替乗車を使っていけるところまで行ってみることに。とはいえ「どうにかなる」のが、<駅の待合室に始発まで待機>なのか<途中で降車させられ、払い戻し>なのか、<ホテルメッツに強制宿泊>なのか<バス手配で集団移動>なのか、何がどうなるのかは分からないまま。

知人の家が高田馬場にあるので明日の朝帰る、という手もあったのですが、その日のうちに帰れるのであれば帰ってみよう、ということで、西武新宿線の振替乗車で行けるところまで行ってみることにしました。時刻は23時30分。

JR新宿駅東口を出て、西武新宿駅に向かいます。運転見合わせにより京王線・西武線には沢山の人が流れていたようです。

23時43分、準急本川越行き。これに乗ると、小平駅で各駅停車拝島行きに接続してくれるはず。

西武新宿駅は始発のターミナル駅なので、確実に座れます。

余談なのですが、奥多摩に引っ越してはや1年半。東京都心まで出ようと思ったら家から3時間は当たり前にかかる生活をしています。私が高校生まで実家は東京の小平市に住んでいたのですが、新宿までは40分ほど。むかしは「なんでこんなに遠方に住んでるんだろう、23区内に住んでいる奴が羨ましいなぁ」くらいに思っていました。が、そんな感覚も無くなって久しく。「はやっ、もう小平!?」みたいな。

ということで小平駅着

高田馬場駅で遅れている山手線を待ち、数分遅れで小平駅に到着。

小平駅に待機していた西武ライオンズカラーの拝島行き電車に乗り込みます。それにしても西武は4000系のように、白車体に青・赤・緑ラインが一番かっこいいと思うんですけどねぇ。

色のセンスがちょっと…、、いけねーまた話が脱線しやした

日をまたいで0時13分発、小平発拝島行き、GO!

20分ちょいで拝島についた

終電の拝島行き、さっと着きました。

振替輸送のお客さんが多数いらっしゃいます。

駅舎内で繋がるJR青梅線に向けて、移動していく人々が沢山。

中央線快速、運転再開して「遅延」に変わっていました。

立川方面の電車はすでに終了。青梅行きを待つ人々が2階駅内にて待機しています。拝島まで来ると一気に冷えますね!

ほどなくして青梅行き到着。青梅行きの終電から一本前の電車に乗りましたが、全体的に遅れていたため、終電の青梅行きは拝島止まりとなり、乗った電車が終電の青梅行きとなりました。

やっとこさ青梅に到着!

ここまで長いっちゃ。時刻は1時30分。新宿から3時間かかって青梅にようやく着きましたとさ。

そう、でもここは青梅。奥多摩行きは無く、全員がとりあえず下車、改札外に出ることになりました。

駅員さんに聞いてみよう!

そう、ここからが本題。

駅員さん
詳しいことはわからないですが、行けるところまで行けば、どうにかなります。
とりあえず青梅まで来てみたはいいのですが、本当にどうにかなるのでしょうか。ということで、青梅駅の改札口にいる駅員さんに聞いてみました。

青梅駅員さん
切符確認しますねー
「あのー、新宿駅で奥多摩までの切符を買ってですね、とりあえず青梅まで来たんです。家が奥多摩にありまして…」

青梅駅員さん
えっと…、新宿駅でなんの電車に乗ろうとされたんですか?

ああ、混乱に乗じて良からぬことを考えている人間がいてもおかしくはない。どういった経路でここまで来たかしっかり確認しようという算段だな…
ということで、ありのまま正直にお話することにしました。

「22時40分の高尾行きに乗ろうと思ったら〜中略〜駅員さんとお話して、とりあえず行けるところまで行こうと。そして〜中略〜拝島で乗り換えて青梅まで来たんですー」

青梅駅員さん
そうだったんですね。で、新宿駅の駅員さんがなんて言ったかもう一度教えてもらえますか?

あれ?もしや疑われとる??「あの、どうにかなるからって…具体的にどうなるかは何もおっしゃられてなかったんですけど…」

とりあえずありのままを説明しました。

青梅駅員さん
そうだったんですね。でー、どうされます?帰られますよね?

「は、はい。帰りたいです!」

青梅駅員さん
じゃー、タクシー手配しますんで、タクシー乗り場でお待ち下さい!

「あ、ありがとうございます!!」

なんとなんと、青梅駅から奥多摩駅までタクシーを手配していただくことに。

電車が通常通り動いていれば今頃とっくに奥多摩駅に着いているはずですが、タクシーを手配してもらえるってだけで少しウキウキしている自分がいました。

帰れるんだ、という安心感

ということで、駅の改札口から伸びていたタクシー乗車の列に並びました。

これで奥多摩まで帰ることができる。緊張の糸が解け、どっと疲れを感じた&尿意を催したので駅前のセブンイレブンへ。たった数分のことですが、タクシーがアレヨアレヨという間にお客さんを乗せていき、僕の番まではあと少し。急いで列に戻りました。

後で知ったことですが、中央線運転見合わせの報を受け、タクシー会社は普段より多めにタクシーを手配していたようです。

タクシーに乗って、いざ奥多摩!

私がタクシーの乗り込む時、駅員さんがタクシーの運転手さんに書類をわたしていたので、見せてもらうことにしました。

代行輸送依頼書、というものが世の中にはあるらしく、僕らがタクシー代を負担するのではなく、あとでタクシー会社からJR東日本に請求する、という仕組みになっています。

ただこの制度、JR東日本としてもそこまで表沙汰にしたくない制度のようで、運用については謎に包まれた部分も多いようです。あくまで今回のケースでは代行輸送依頼書による対応をとった、と考えたほうがよさそうです。

ついたよ奥多摩!!

時刻は2時22分。ついに、奥多摩駅前に到着!青梅よりまた気温が下がっていて、浮かれ気分もすぐに醒めるくらいの寒さに、新宿が少し恋しくなりました。

青梅から奥多摩まで、かかった費用は8210円。ふだん車で買物に行く距離感ですが、タクシーを使うととんでもなくお金がかかるんですね…。

結論:トラブルに巻き込まれても、家には帰れる。

新宿から奥多摩まで約4時間かかってしまいましたが、なんとか辿り着くことができました。

結論としては、目的地までの切符を持っていて駅員さんにちゃんと説明すれば、トラブル発生で動かなくなったとしても、タクシーを手配していただき、最寄り駅まで向かうことができる、ということに。もちろん今回はイレギュラーの事象なので、例外も有りえますし、もしかしたら今回の経験そのものが例外なのかもしれません。

可能であれば、終電一本前の奥多摩行きに乗れるように動いたほうが無難かもしれませんね。(JRさんにタクシー手配してもらわなくて済むし)

なにはともあれ、家の布団で寝ることができて良かったです。またねー。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事