こんばんは、谷木です。

今夜は、キャンプや登山に持っていくCB缶(カセットガスボンベ)やOD缶(アウトドア缶)は、何がベターで何がベストなのか、考察したいと思います。

mokuji

CB缶・OD缶とは

CB缶

コンビニやホームセンターなどで誰もが見たことがあるカセットガス、それがCB缶です。リビングで鍋をみんなで食べる時に使うカセットガスコンロが主な使い道ですが、CB缶はキャンプや山用の道具としても使うことができます。

入手しづらいOD缶と比べて、100円ショップやコンビニでも売っているので入手しやすく、価格も一本100円〜400円程度なので気軽に使うことができます。OD缶と異なり、別ブランドのCB缶と企画がほとんど統一されており、互換性があるのもポイントです。

OD缶

キャンプや登山などのアウトドアユースを目的としたガス缶です。CB缶より見るからに丈夫そうですが、耐圧の関係だと思われます。CB缶と比較し屋外使用でも出力が安定しやすいことが特徴とされていますが、なぜ安定しているのか、理由は調べてもわかりませんでした。もしかしたらですが、高い圧力に耐えられるOD缶の方が、勢いよくガスが噴出されるから微調整しやすい、ということなのかもしれません。価格は250gで400円以上と、CB缶と比較すると2〜4倍程度、高価になります。

価格が安いCB缶、コンパクトで堅牢なOD缶

価格で選ぶのであればCB缶に利があります。コンパクトさや堅牢さを求めるのであればOD缶一択です。登山等、なるべくコンパクトに荷物をまとめる必要がある場合は、OD缶の方が安心でしょう。バイクや自動車をメインにキャンプをするのであれば、CB缶でも事足りることが多いです。

CB缶→OD缶への詰め替えはアリ?ナシ?

CB缶の中身をOD缶に移し替える器具がAmazon等で販売されています。すでにOD缶ベースのランタンやバーナーを保有している方であれば、詰め替えも選択肢のひとつになるでしょう。ですが、ガスの移し替えは危険が伴い、また、移し替え時に一部のガスが揮発化して無駄になることからオススメできる方法ではありません。

これから道具を揃える方は、どちらの缶を利用すればいいのかよく考えてから、道具を揃えるようにしましょう。

ガスの特性と沸点の違い

CB缶、OD缶ともに、利用されるガスは同じものが使われています。ただし商品によって配合比率が異なっていたり、特定の種類のガスだけが入っている場合も。まずは、CB・OD缶に利用されているガスがどのようなものか、確認していきましょう。

ブタン(ノルマルブタン/n-ブタン)

最も一般的に使用されているガスが、ブタン(butane) です。石油や天然ガスの中に存在し、常温・常圧では気体となります。ライターの燃料、エアロゾルスプレーの噴射剤のほか、調理用、キャンプ用のカセットコンロの燃料として利用されています。沸点が-0.5℃と高く、気温の低い場所では気化せず燃料としては使えないことも多々。このため寒冷地ではプロパンやイソブタンを混合したものを使用することが多いのです。

ブタンの特徴

・最も一般的に使われている燃料

・ガスの中では価格が安い

・氷点下付近の気温では使えない

イソブタン

イソブタン (isobutane) は、ブタンの構造異性体にあたる物質です。沸点温度が-11.7℃とブタンより低く、主にアウトドア仕様のカセットガスに使われれており、寒冷地や冬山登山で使われているガス缶には必ずと言っていいほど使われています。低気温下で使う可能性がある場合は、イソブタンが配合されている缶を使用するようにしましょう。

イソブタンの特徴

・主にOD缶で使用されることが多い

・ブタンよりも価格が高め

・寒冷地に強く、沸点は-11.7℃と低い

プロパン

プロパン主としてガス燃料として用いられている物質です。沸点は-42.1℃とかなり低く、液化石油ガス(LPガス)に用いられるガスの中で、最も沸点が低いのが特徴です。 プロパンを使うとガス内圧が強くなる関係で、プロパン100%の缶は販売されていません。

プロパンの特徴

・圧倒的に沸点が低い(-42.1℃)

・厳冬期向けの製品に入っていることが多い

・缶内の圧力が高くなるためCB缶での使用は少なく、OD缶に使われることが多い

缶を選ぶ際は、ガスの配合比率が重要

CB缶・OD缶ともに、ブタン・イソブタン・プロパンの配合比率は様々なものが販売されています。購入の際に注意すべきポイントは、使用する際の外気温が何度か、という点です。

缶内の温度が-0.5℃以上であれば、ブタン・イソブタン・プロパンともに気化しますが、-0.5℃を下回るとイソブタン・プロパンだけが、-11.7℃を下回るとプロパンだけが気化します。そのため、氷点下でブタン+イソブタン配合のガス缶を使うとイソブタンだけが気化し、短時間で燃焼がストップすることになるのです。

また、ガス燃焼の際ガスが気化熱を奪うため、缶内の温度は外気温よりももっと低くなります。利用可能な最低気温の目安は、沸点+5℃くらいを基準にしておいたほうがよいでしょう。ブタン100%缶であれば、外気温5℃以上。快適に使う目安としては沸点+10℃くらいがよいと思います。

倒立装着で液体のまま取り出す方法も

snowpeakなど一部のOD缶では、缶を逆さまにして器具に装着することで、液体のまま取り出して使用することが可能です。そうすることで、缶内では気化しにくい温度下でも、外気温が沸点を超えていれば着火できます。缶、器具ともに対応している必要がありますので、購入前に注意が必要です。

早速、価格や混合比を比べてみた

それでは、各社が出しているCB/OD缶について比較したいと思います。

Amazonの価格(取り扱っていない・不当に高い商品は楽天)をベースに、市販されているガスカートリッジについて比較してみました。ここからは、価格と混合比をメインに、どの環境下でどのボンベを使うのがベストなのかを検討していきたいと思います。

とにかく安いのがいい!価格で選ぶなら…

まずは価格です。冬山や高地での利用を想定せず、10℃以上の気温下で使うことを想定した場合に、ベストな缶はどれでしょうか?

CB缶:100均のあいつ。東海 カセットボンベ コン朗 シルバー(3本入)

価格:343円(税込み) / 本数:3本 / 1缶の容量:250g
1本あたり価格:114.3円 /1gあたり価格:0.457円
ガス配合比:不明(ブタンがほとんど/残イソブタン)

Amazonで1缶あたり114円と、抜群のコストパフォーマンスを誇るのが東海 カセットボンベ コン朗です。ガスの配合比は不明ですが、"LPG<液化ブタン>"の表記から、中身のほとんどがブタンだと思われます。配合比不明・ブタンがメインのCB缶だと、他にもsnowpeakのギガパワーガスCBブタン(GPC-250CB)、キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG)のガスカセットボンベ3本パック M-7621がありますが、どちらも0.9円/gと、東海 カセットボンベ コン朗2倍程度の価格設定になっており、コン朗のコストパフォーマンスが際立つ結果となりました。

コン朗に価格帯で肉薄しているのは、ニチネンのマイボンベL (250g) 12本セットです。こちらは0.65円/gとなっており、コン朗より高価ですが、キャンピングメーカーのガスより幾分安くなっています。

OD缶:とにかく安い。EPIgas GAS CARTRIDGES 500レギュラーカートリッジ

価格:581円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:470g
1本あたり価格:581円 /1gあたり価格:1.236円
ガス配合比:ノルマルブタン:イソブタン=9:1

OD缶で一番コスパがいいのは、EPIgasのレギュラーカートリッジ(500g)です。CB缶と比較するとどうしても高価になりがちなOD缶ですが、キャンプに持参するなら耐圧に強くコンパクトなOD缶が便利です。

寒さ対策!イソブタンやプロパンが入っているガスでコスパいいのは?

厳冬期は使わないとはいえ、春先、晩秋の夜は冷え込みます。10℃を下回る気温下でも心配なく使えるのが、イソブタン配合缶です。ブタンとイソブタン両方入っている缶は、温かい気候では両方のガスが燃焼に使われますが、低温下ではイソブタンのみが揮発、燃焼が継続する仕組みになっています。

3シーズンともに万全の体制で臨みたい場合は、イソブタン・プロパンが含まれていると明記されている缶を選びましょう。寒さに強い缶の中でも比較的リーズナブルな商品をピックアップしてみました。

CB缶:ド定番。イワタニ カセットガス (オレンジ) 3P×8セット CB-250-OR-24G

価格:5500円(税込み) / 本数:24本 / 1缶の容量:250g
1本あたり価格:229円 /1gあたり価格:0.916円
ガス配合比:ノルマルブタン:イソブタン=7:3
コンビニでもおなじみ、イワタニのガス缶です。イソブタンが30%配合されているので、氷点下の環境でも一定時間使用可能です。イワタニは高い、100均のコン朗と大差ない、という意見もありますが、長時間使えば違いがわかるはずです。

CB缶:イソ7割の威力。東邦金属 ゴールド カセットボンベ (イソブタン配合)パワーガス

価格:7535円(税込み) / 本数:36本 / 1缶の容量:250g
1本あたり価格:209円 /1gあたり価格:0.837円
ガス配合比:ノルマルブタン:イソブタン=3:7
TOHOゴールドボンベは、イソブタンが7割も入っており寒冷地にはかなり強い仕様となっていますが、イワタニよりも安いのが特徴。ただこれは36缶パックの話なので、少数で購入するとイワタニと大差ない価格になります。登山等、比較的寒い環境下で使うことが多い方には、ゴールドボンベは費用対効果に優れていると思います。

CB缶:カセットボンベで唯一プロパン入り。ソト(SOTO) パワーガス 3本パック ST-760

価格:819円(税込み) / 本数:3本 / 1缶の容量:240g
1本あたり価格:273円 /1gあたり価格:1.1375円
ガス配合比:ブタン系:プロパン=90:10
ソト(SOTO) パワーガスはカセットボンベで唯一、プロパンが含まれている商品です。1gあたりの価格も安く、3本セットで買えるのもポイント。
10%と少量ですが、プロパンの沸点は-42.1℃とかなり低いので、低気温でも、着火しないという最悪の事態を避けることができる、心強い一品です。

OD缶:ちょっとくらい寒くても。PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ノーマルガス(大) IP-500G

価格:660円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:470g
1本あたり価格:660円 /1gあたり価格:1.404円
ガス配合比:ノルマルブタン:イソブタン=65%:33%(その他2%)
OD缶はイワタニのプリムスシリーズからノーマルガスがエントリー。こちらはイソブタンが33%と、登山・キャンプ用のOD缶では標準的な配合比で作られています。
イソブタンが25%以上含まれているOD缶で一番安いのがノーマルガスです。EPIgasのレギュラーカートリッジでは不安だ、という方にはこちらがおすすめ。

OD缶:プロパン25%配合で安心。PRIMUS(プリムス) GAS ハイパワーガス(大)IP-500T

価格:891円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:460g
1本あたり価格:891円 /1gあたり価格:1.936円
ガス配合比:ブタン系:プロパン=75%:25%
ノーマルガスと異なりパワーガスはプロパンを含んでいるのがポイントです。ブタンとイソブタンの配合割合は不明ですが、プロパンが25%含まれているので、ノーマルガスでは対応できないような氷点下でも使うことができます。ただしイソブタンの配合比が不明なので、長時間の使用は避けたほうが良さそうです。

OD缶:プロパン30%も。イーピーアイガス(EPIgas) 500パワープラスカートリッジ G-7010

価格:692円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:460g
1本あたり価格:692円 /1gあたり価格:1.504円
ガス配合比:ブタン:プロパン=7:3
プリムスのパワーガスカートリッジと同じく、コスパがいいのにプロパンがたくさん入っているOD缶が、EPIgasのパワープラスです。
プロパン量は30%と、プリムスの25%より多いしコスパもよいです。ならば「プリムス、要る??」という話になってしまいますが、プリムスを作っているイワタニでは、CB缶でも「LPG(液化ブタン)」と表記しており、ノルマルブタンとイソブタンの配合比を示していません。プリムスのパワーガスカートリッジについてはイソブタンも含んでいる可能性があるので、今回は両方とも取り上げました。

めちゃくちゃ寒い…。でもキャンプ行きたい!そんな人が選ぶべき缶は?

冬山登山や厳冬期の北海道ツーリング等、厳しい環境下でも安心して使える缶が欲しい人が選ぶべき缶をまとめてみました。イソブタンやプロパンの含まれた缶の中でも、配合比の高いものをピックアップしています。

CB缶:カセットボンベ最強だが…。ユニフレーム(UNIFLAME) プレミアムガス(3本) 

価格:1863円(税込み) / 本数:3本 / 1缶の容量:250g
1本あたり価格:621円 /1gあたり価格:2.484円
ガス配合比:イソブタン:その他=95:5
カセットボンベ比較で必ず名前があがるのが、ユニフレームのプレミアムガス。イソブタンの配合比が95%と、中身はほぼイソブタン。イソブタンの沸点は-11.7℃なので、氷点下でも使用可能なツワモノです。ですが、CB缶の内圧の関係上、プロパンをほとんど含むことができないという弱点を抱えています。
冬山登山では、CB缶ではなくOD缶を使うべきなのかもしれません。あるいは、SOTOのMUKAストーブなど、ガソリンやホワイトガソリンを燃料としたストーブも検討したほうがよいでしょう。

OD缶:やっぱり、金缶。snow peak(スノーピーク) ギガパワーガス500プロイソ(GP-500GR)

価格:955円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:450g
1本あたり価格:955円 /1gあたり価格:2.122円
ガス配合比:イソブタン:プロパン=65:35
イソブタン65%、プロパン35%という、王者の風格漂うsnowpeakの金缶です。ノルマルブタンを含んでいない寒冷地仕様にも関わらず、1gあたり2.122円とコストパフォーマンスに優れた缶です。冬山登山には必携と言えそうです。

OD缶:現在最強のガス缶。イーピーアイガス(EPIgas) 190エクスペディションカートリッジ G-7014

価格:592円(税込み・楽天価格) / 本数:1本 / 1缶の容量:147g
1本あたり価格:592円 /1gあたり価格:4.027円
ガス配合比:イソブタン:プロパン=6:4
イソブタン60%、プロパン40%と、CB・OD缶全商品の中で一番寒さに強いのがEPIgasのエクスペディションカートリッジです。安全面を考慮し、プロパンの配合割合が40%を超える商品は国内製造されていません。1gあたり4.027円とコスパが悪いのが玉に瑕ですが、いざという時に頼りにできる心強いカートリッジです。寒冷地仕様ですので夏場は苦手。缶の膨張にはくれぐれもお気をつけください。

250g以下の小型OD缶でコスパいいのは、どれ?

さて、CB・OD缶を横断的に比較してきましたが、「俺はOD缶で登山したいんだよ!CB缶は使わないし500gのOD缶なんて持っていけるか!」って方向けに、250g以下のOD缶でコスパ比較をしてみました。

コスパ第3位:銀缶。snow peak(スノーピーク) ギガパワーガス250イソ(GP-500GR)

価格:440円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:220g
1本あたり価格:440円 /1gあたり価格:2円
ガス配合比:ブタンがメイン(イソブタン配合比不明)
いきなりsnowpeak銀缶の登場です。こうしてみるとsnowpeakって高い印象ありましたけど、意外と安価なんですね。ギガパワーツーバーナー液出しのように、逆さまに装着してガス化する前の液を取り出して使うことも想定しているため、snowpeakの文字が逆さまに印字されてるのが面白いですね。

コスパ第2位:PRIMUS(プリムス) GAS CARTRIDGE ノーマルガス(小) IP-250G

価格:446円(税込み) / 本数:1本 / 1缶の容量:230g
1本あたり価格:446円 /1gあたり価格:1.939円
ガス配合比:ノルマルブタン:イソブタン=65%:33%(その他2%)
イワタニ・プリムスのノーマルガスカートリッジがコスパ第2位です。snowpeak銀缶と価格差はほとんどありませんが、イソブタンの配合量が多いのが特徴です。暖かい時期であれば、燃料が原因でつかない、という心配はまず要らないでしょう。(予備は必要ですが)

コスパ第1位:イーピーアイガス(EPIgas) 230レギュラーカートリッジ G-7001

価格:386円(税込み・楽天価格) / 本数:1本 / 1缶の容量:230g
1本あたり価格:386円 /1gあたり価格:1.678円
ガス配合比:ノルマルブタン:プロパン=9:1
栄えある第一位は、EPIgasのレギュラーカートリッジ缶です。470g缶でも一番コスパの良かったEPIgasですが230gの小型缶も同様。安いカートリッジならEPIgas、で憶えておけば間違いありません。プロパンガスを10%含んでいるので、たまたま寒かった!みたいな時も対応可能です。

まとめ

縦軸を耐寒性能、横軸を価格競争力として二次元グラフ化してみました。上に行けば行くほど寒さに強く、右に行けば行くほど価格が安い表になっています。参考にしてみてね。

さてさて、今回はCB・OD缶の価格・中身比較をしてみました。みなさんのキャンプ・登山ガス缶選びに貢献できましたら幸いです。ではまたー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事