Windows10搭載のクラムシェル型UMPC(ウルトラモバイルPC)として2018年にヒット商品になった GPD Pocket 2。ガジェット好きの僕もクラウドファンディングで購入したのはいいものの、使いみちがわからず、カバンに投げ込んだまま放置する日々が続いていました。往々にして購入したガジェットって、放置したままほったらかしになる運命をたどるんですよね。(ポメラとかW-ZERO3とかクリエとか!)

せっかく購入したGPD Pocket 2。無駄死にならんように有効活用したいところですが、現状「使っていない」のには理由があるはず。

自分の場合は、「入力」に難があるガジェットは、すぐに使わなくなる傾向がありました。

小さいガジェットって、それだけで魅力。だけど…

まず、僕がどうしてGPD Pocket 2を購入したか、を書いておきますね。

単純に「小さい筐体に機能が詰まっている」モノが好きだから、です。目的意識があったわけでもなく、PDA(小型情報端末)への愛が強いんです。もちろんiPhoneが出たときは狂喜しましたよ。

PDAにしろスマホにしろUMPCにしろ、使い続けるものと、購入後しばらくして使わなくなるものに大別されます。iPhoneは今日まで使い続けているのに、PDAやポメラ等はすぐに使わなくなってしまいました。GPD Pocket 2も同様です。使うガジェットと使わなくなるガジェットの違いは何でしょう?

入力に手間取るとすぐに使わなくなるらしい

自分が使わなくなるガジェットにはある共通点がありました。それは、日本語入力時にストレスがかかること。

ポメラ(DM200)の場合、キーボードの質は素晴らしかったのですが、日本語変換ソフト(IME)に簡略版のATOKが採用されていたため、語彙数が圧倒的に少なかった。普段パソコンでGoogle日本語入力を利用しているので、変換精度の差に耐えきれずに使わなくなりました。

GPD Pocket 2の場合は、キーボードの小ささが使わなくなった原因になっています。初代GPD Pocketに比べるとかなり打撃感が改善されてる様ですし、ちょっとした文章なら勿論、本体キーボードで入力できます。でもキーボードを見ながら入力しないと誤入力が多発する程度にはキーピッチは狭く、イレギュラーな配列に手間取ります。

外部キーボードを使えば解決するが、、、

そこで登場するのが外部(外付)キーボードです。

ですが、そもそもGPD Pocket 2にはキーボードが本体についているわけです。つまり、外部キーボードをもし使うのなら、フルサイズキーボードか、それに近い大きさのキーボードを用意しないと意味がないことになります。モバイルキーボードは大抵の場合、GPD Pocket 2よりもちょっとだけ大きい程度ですので、何を購入するかはよく吟味してください。

かさばるキーボードを買ったら本末転倒

世の中にはフルサイズの素晴らしいキーボードがたくさん売られていますが、折りたためるモノがおすすめ。GPD Pocket 2は、いつでもどこでも持ち歩けるサイズ感が最大の魅力。大きいキーボードを持ち歩くくらいなら、はじめからノートパソコンを購入したほうが良いかもしれません。

USキーボードのほうが便利

日本国内で売られているキーボードは、JISキーボードとUSキーボードに二分されます。ひらがながキーに印字されているのがJIS、英字しか書いていないのがUSキーボードです。GPD Pocket 2は本体についているキーボードがUS配列なので、外部キーボードもUS配列にしたほうが無難です。キーボード設定をJIS用にいじると、本体キーボードで正しく入力できなくなるからです。

タッチパッド付きキーボードは要らない

はい。これは僕が買って失敗しているので確信を持って言えます。世の中にはキーボードにタッチパッドがついている商品も売っているのですが、GPD Pocket 2の場合は不要です。なぜなら画面がタッチパネル式だからです。タッチだと右クリックが面倒じゃん、って方も、GPD Pocket 2本体に右クリックの物理ボタンがついているので、それを使えばOKです。

タッチパネル付キーボードには、手許でマウスを操作できる使い勝手の良さはあります。ですが、モバイルキーボードに付属しているタッチパッドは操作精度が高くないのに加え、タッチパッド分の面積だけ、キーボードが小さくなる傾向があります。フルサイズのキーボードを用意することを優先したほうが吉です。

買って失敗したキーボードはこれ

iCleverのIC-BK03と、IC-KB08です。どちらも実際に買ってしまいました。
IC-BK03はタッチパッドなしのモバイルキーボードですが、そこまでキーピッチが広くないので、押し間違いが起きてしまいました。IC-KB08はタッチパッドも左右クリックボタンもついているタイプですが、IC-BK03よりもキーピッチが狭く、GPD Pocket 2本体と差がなかったため、やはりストレスの原因となり使わなくなってしまった一品。

このキーボードがおすすめ!

2度も失敗した僕が満を持しておすすめするキーボードは、iCleverのIC-BK20です。こいつをおすすめする理由は以下の通り。

・US配列キーボードであること
・折りたたみ式キーボード(折りたたむと文庫本サイズ)
・約400g(重くない)
・Bluetooth接続もできるし、USBの有線接続もできる
・バックライトがついてる(気持ち程度だけどね)
・5000円前後で買える。

やっぱり、UMPCってキーボードが大事です。キーボードの出番がないものってスマホがあれば事足りるので、UMPCの出番って文章入力とかoffice系の資料作成なんですよね。GPD Pocket 2の可搬性を損なない範囲内で、今の所最高の選択肢は、iCleverのIC-BK20になるのではないでしょうか。

このキーボードを購入した僕が、どのようにしてGPD Pocket 2を利用しているかは、また別のエントリーで書こうと思いまする。ではまたー!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事