どうも、谷木です。

先日お話した知人の方から刺激を受けまして。その方、「やらなくていいことはやらない」を律儀に守るんです。

やらなくていいことはやらない

Youtubeを見ない、移動中にスマホをイジらない。7つの習慣でいうところの第二象限しかやりませんよ、って話です。詳しいことはここには書けませんが、その方は個人でのネット売買で生計を立てていて、コンサルもたまにやっている方です。仲が良いのでたまに話をさせていただくのですが、その方は本当に、無駄なことをしないんです。お金(結果)に結びつくかどうか、ですべての物事を考えているように私には見えます。

GTD等のタスク管理アプリを使っている方は既知の事実ですが、私たち社会人にとって時間は有限、それなのにやらなければならないことは死ぬほどたくさんある、ように見えるわけです。ですが、実際は「やらなければならない」ことと、「やらなければならない、と思い込んでいるが本当は不必要」なことが混在しているのですが、それを選別することが僕らは苦手です。

人はその性質上、第四象限(緊急性が低く、重要度が低い)に所属することに気が向いがちになります。新しいものに自然と興味を示すようになっているのです。ですが、「新しいもの」を頭に入れると、頭のCPUをフルに使い、それはそのまま疲労に繋がります。私はどちらかと言うと、いろんなことに興味が向かいがちになる性格です。それを顕著に示しているのが、私のブログテーマ。マインドマップにしてみたので、ちょっと見てみましょう。

1テーマ、1〜2記事がほとんど。ブログ記事こそまだ十数ですが、私自身の人生の指針が明確でないことを反映している気がします。コレ自体がイケないとかイイ、っていう話ではなく、進むべき道筋がないので、すべての緊急度と重要度が高くなってしまっている結果、「いま楽しい」ことを余暇時間のすべてに費やしてしまっているのでしょう。私自身の思考を私自身で制御できていない、とても恐ろしい話です。

フランクリン・プランナー、買っちゃう?(3回目)

現在使っているタスク管理ツールは以下の通り。

・Omnifocus2

著名なGTDアプリです。デザインが素敵なのと、繰り返しタスクの登録が便利なので、仕事用に用いています。

・Trello

カード型のタスク管理アプリです。かみさんと共有するタスクはこっちで管理しています。仕事のようにシビアに管理すべきことが少ないので、分かりやすいこっちでもいいかなーと思って使い分けています。

・TaskChute Cloud

これは私の仕事上、無理でした。あまりに小刻みにタスクの横槍が入る(電話、会話、事務)ので、どうやっても打ち込む時間が間に合わないのです。向いている向いていないがあるのは仕方ないと思いますが、「孫正義並に忙しい人が使う?」って無理やり考えて今は使わないようにしています。

他にもチャットワーク、googleカレンダーは使っていますが、タスク管理はこっちでやっちゃっています。

高い投資ではありますが、個人の目標設定のためにフランクリン・プランナーが必要かなーって今は思っています。7つの習慣を実行するためのツールですから手っ取り早いですよね。GTDでも高度の高い部分を管理する必要があるのですが、それが全然出来ていません。たぶんお金をかけずにもググって自分なりのやり方を編み出すことも出来ると思うのですが、私にはその方法を考える時間も材料も手元にないので、とりあえずプランナーをやってみようと思います。

実はフランクリン・プランナーに手をだすのはこれで3回目。今度は挫折しなさそうな気がする!(明日早起きして八重洲か川崎で買ってきます!)

ではまた!

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事