先日、今まで乗っていた原付バイク(APE50)に変わるバイクを求めて、新しいバイク(中古)を1台購入することになりました。
かっこいいなぁAPE… さよならAPE!

というわけで、購入したのはCB400SB(SUPER BOL D’OR/スーパーボルドール) HYPER VTEC Revo (NC42)です。絶滅危機の400cc4気筒スポーツバイクで、購入したのは2010年型。赤と黒のカラーリングが美しい。年度によってカラーリングが微妙に異なるのですが、2010年仕様は赤白の割合配分が良い塩梅です。

ABS、ホットグリップ、USB、ETC、セパレートハンドル付。マフラーはモリワキのワンピースっぽいです(素人なのでよくわかりません)。バックステップが取り付けてあるため、多少前傾姿勢になるようです。8500km程度の走行距離。とりあえず改造だけで20万近くかかっているでしょう。中古でも結構な価格でしたが(70万円程)、前から欲しかったCB400SB、しかもABS付なら…ということで購入に至りました。

 

CB400SBの、ここがいい!

なぜCB400SBなのか。車もそうなのかもしれませんが、「なぜ自分の足として『それ』を選んだのか」を考え、納得させる理由を考え、それを誰かに言ったり書いたりすること、それを愉悦することがバイクの楽しみの半分近くを占めているような気がするんですよね。私の場合、MTバイクの練習としてAPEを購入した昨年8月以来、ずっと悩み続けました。決断するまでに約1年かかりました。

①音がいい(4気筒)

本当にありきたりな理由ですが、音です。大きな音が好きなわけではありません。下記の動画は大型バイク「隼」の音ですが、4気筒独特のモーター音が好きなのです。(イヤフォン推奨です。本当に良い音)

CB400SFの音は↓(ドドドドドドッではなく、ウィーンというモーター音)

バイクに乗らない人からしたら、バイクの奏でる音なんて騒音以外のナニモノでもないと思います。原付を乗るようになった私でさえそう思うことがあるんですから、バイクに乗らない人からしたら、もっとそう思うでしょうね。

でも、音って結構大事、です。エンジンの調子を確認したり、異音がすれば「あれ?なんか調子悪いのかな」ってわかる。大きさとか、迫力よりも、駆動を感じられる音が鳴っていること、そしてその音がドドドッと「いかにもバイク感」を醸し出さないこと、が私の求める音でした。

②速い(トルクがある)

「速い」と言っても、最高速度のことではありません。公道を走る以上、120km/hプラスαでれば十分です。250ccでも十分速度はでるそうですが、高速域での加速力がないと、登坂車線や追い越しのタイミングで短時間に十分な加速ができず怖い思いをする、と聞いたことがあります。VTR-Fもデザイン的には好きなんですけどね。私は原付以外は教習車にしか乗ったことがないのでよく分かりませんが、買ってみて「あれ?加速足りないんじゃ…」って事態は避けたいところです。いろんなサイトやインプレを覗いて思ったのは、「320cc(YZF-R3のこと)より排気量が多ければ、とりあえず困ることはなさそうだ…」です。

③高速で疲れない(カウルがある)

APE50のようなネイキッドバイクは、風を感じられて気持ちいいな〜と思っていたので、はじめはネイキットで探していました。GSR400、グラディウス400、SR400。アメリカンもいいんじゃない?とも思いましたし…でも調べてみると、「高速道路でネイキットは疲れる」っていろんなサイトに書いてあるんですよね。風がもろに当たるから。いや気合でどうにかなるでしょ、って思いましたが、実際乗ってる人がそう言ってるんだからたぶん疲れるんです。カウル付で選ぼう、と考えが変わりました。CBR400R、Ninja400、YZF-R3とかありますよね。「400ccにカウルなんている?笑」みたいな意見もそこそこ見かけますが、「低速なクルマにウィンドウ要らない」と言っているように私には聞こえるので、大排気量以外カウル不要論は不採用です。

④かっこいい

これは完全に主観です…CB400SB、正直な話、最初は「なにこれ」でした。CB400SFのようなネイキッドバイクのほうがバイクっぽいし、速さを求めるならフルカウルのイメージ。私にはエイリアンの頭のように見えました。もちろんライト部分が口です。(下記画像はHYPER VTEC SPECⅢ (NC39)です)

ところがです。横からみるとなかなか格好いい。(下記画像は2009年モデル)

そしてバーハンドルよりもセパハンのほうがなんとなく格好いいなぁって。そう思ってYZF-R25、R3、CBR400Rに興味を持っていた私ですが、まさかCB400SBでセパハン改造モデルに出会うとは思っていませんでした。

結論:中型免許で乗れる、4気筒で、320cc以上で、カウル付のバイクは、CB400SBしかなかった

「しかなかった」なんて書き方をしたら怒られそうですが、実際、CB400SBしかないんですよ。

ちょっと昔のバイクまで含めれば他にもあるんでしょうけど。そして、その機体はあらゆるサイトで「面白みのない優等生」と評価されていました。ネイキッドバイクのCB400SFと一緒に。いいじゃないですか、優等生。自分の欲しかった条件が揃っているバイクで、しかも優等生だなんて、欠点に悩む必要がない、即ち余計な心配をする必要がないってことです。自分の乗るバイクが優秀だと思われているなんて、こんなに幸せなことはないです。


おわりに:もし免許をとるなら合宿がいいかも?

実はまだ、中型免許を取り終わっていないのです(笑)納車まで2週間。早めに免許を取りきっちゃいたいですね。

乗車まで時間があるので、市販のメンテナンスブック(CB400SF/SB(HYPER VTECシリーズ) メンテナンス&カスタム)でも読みながら合格を待ちたいと思います。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事